身体を緩めて美人を生み出す「からだ美調律コーチ」溝口葉子のヴィーナスの習慣

理想の女性☆

IMG_20170207_223355

今日は私の理想の女性像について紹介したいと思います!

理想の女性、それは

「人はいくつになっても美しい」という本の著者である

「ダフネ・セルフ」さんです。

 

ダフネさんは88歳の現役モデル。

でも、私が注目しているのは高齢の「モデル」だからでなく、

彼女の人生、生き方に激しく共感しているからです。

 

そして、

女性の皆さんが、彼女のように

人生を美しく楽しめるようになるお手伝いをしていきたい!

というのが私の一番やりたいこと、

私のレッスンの軸なのです☆

 

なぜ私がダフネさんが大好きなのか、

それは

1.彼女の人生が私にかぶって見える!

(妄想かもしれませんが・・・)

2.共通事項が多いので、共感できることが多い!

3.美に対する意識の軸に激しく共感!

そして、

4.私の理想とする生き方をしているから。

です。

 

何が共通事項なのか、

かなりざっくり大きいことだけ挙げると、

 

バレエ、ダンス。

洋服作り、料理、なんでも手作りが好き。

 

子育てに専念しながらも

ドレス作りを仕事にしてみたり、

ちょこっとモデルの仕事をしてみたり。

 

興味を持つことや目を向けることが似ていて、

趣味で始めたことを楽しくやっているうちに、

いつのまにか仕事になっているところ。

でも、家族が第一優先なところ。

 

こんなところが似ています。

だから、考え方や物事に共感できることが

たくさんありすぎて、ここでは紹介しきれないほど!!

 

そんな共感できる考え方の中でも

私が身体の専門家として一番共感できること。

いえ、共感というより、

私のレッスンの軸となっていることが一緒!

と思った彼女の考え方があります。

 

「正しい姿勢と自信があなたと洋服をきれいに見せる」

「エレガンスとは自分の身体や体の動きを理解した上で、自信を持った立ち振る舞いができること」

 

そうなんですっ!!

まさにその通りです!

バレエや乗馬をすうることで身に着けた姿勢の良さを通じて

彼女が思っていることを書いてあるのですが、

まさにその通りです。

ここでは紹介しきれませんが、ぜひ読んでいただきたい本なのです(^^)

 

英語のオリジナル版の本を買ったことがきっかけで、

久しぶりに日本語の本も読んでみたら、

こんな素敵なエッセンスがたくさん!

ぜひ皆さんにも知っていただきたい!

との思いにあふれてしまいましたので(笑)

 

今後はちょっとずつ彼女の美の考え方と、

私の共感する想いを紹介していこうと思います♪

IMG_20170207_223355

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。