身体を緩めて美人を生み出す「からだ美調律コーチ」溝口葉子のヴィーナスの習慣

美姿勢、美脚、美尻になるには、「側面」が重要!

2016.11.15

2件

2016-11-15-17-20-51

上半身に比べて、下半身が太い、お尻が大きい・・・

ダイエットしても下半身だけは痩せられない。

下半身エクササイズすると細くなるどころか硬く立派な下半身になる。

そんなあなたに足りていないもの、

それは、「身体の側面を支える力」です!

 

その重要性を、昨日、

私が1年間、解剖学を学んでいる

スタジオピボットで私自身が体感しました!

 

その体感をシェアさせていただきますね。

 

側面の力?と思われるかもしれませんが、

想像してみてください。

前に進むときに身体の横を支える力が足りなかったら?

身体を支えられず真っすぐに進めないので、

左右に揺れて体重を分散して進むか、

上半身にも力をいれてガッチリ固め、

太ももに力をいれて、力で押し進むか・・・

 

真っすぐに進めないと、

いろいろな部分に力を入れて、

身体を固めてガッチリさせて動くことになり、

意図せぬ筋トレをしていることに…

 

肩や、太ももなどをガチガチに固めるので、

姿勢の悪さや、太い脚の原因となり、

さらに、

動き方のクセなので、

原因に自分自身が気づきにくく、

なかなか治すのが難しいのです。

 

だから、細くなろうとして、

何かエクササイズしたり、

行動をプラスすればするほど、

足りていないところではなく、

クセで足りない部分を補っている

いつも使いやすい箇所を鍛えてしまい、

余計にガチガチ立派な下半身になってしまいます。

 

実際に私もそうでした!

え~っ、そうですか?

脚が真っすぐで細く見えるのですが!?

と思われる方もいるかもしれませんが、

それは・・・

私がそのように見える技を持っているからです(笑)

 

実際は正面を向いたら膝はくっつかず、

いわゆるO脚です。

だから、脚の付け根に力を入れて

膝が付くようにしたり、

斜めを向いて美脚に見えるようにしたり、

技を習得して、工夫をしていただけなんです。

 

しかも、

私はかなり身体が右に傾いていて、

ずっと軽い側彎(背骨が曲がる病気)だと思っていました。

 

ところが、

ここ1年、スタジオピボットで

股関節や身体の機能について

目からウロコの解剖学を学び、

私の常識が全く覆りました。

 

私が下半身が細くなりきれず、

(上半身に比べてですよ)

上半身にも力が入っていて

太ももとふくらはぎが太かった理由は、

 

股関節の可動域が少なかったこと

プラス・・・

身体の側面の力が足りていなかったから!

 

欧米人の方は、

この側面の力をもともと使いやすい体形なんですね。

だから、お尻もあがっているし、脚も長い。

 

でも、私たち日本人は、そこが使いにくい体形なんです。

 

そこで、昨日はスタジオピボットでみっちり3時間の指導を受けて、

「身体の側面」の大切さと使い方を学びました。

 

その結果、私の脚はまっすぐに!

力を全く入れずに膝はピッタリくっつくように!

2016-11-15-17-16-57

 

お尻は上がるし、

顔もリフトアップするし、

上半身の力が抜けて

さらに首は長くなるし・・・

 

美姿勢に「側面」の力は欠かせません!

 

では、「側面」の力が使えるようになるには?

 

不安定なものの上に、

「側面」の力を

正しく使って立つ練習をする。

 

ですが・・・

 

この、「正しく使って」が肝心なんです!

これは写真でも、文章でも伝えきれません!

 

なぜならご自身に「体感」していただいて、

自分のものにしていただかないと、

効果が出ないどころか、

また間違った部分を鍛えてしまうことになるからです・・・

 

こればかりは、実際にレッスンでお会いして

伝えさせていただきたいと思います(^-^)

 

ところが・・・

 

年内と1月は、

すでにリピーターのお客様でプライベートレッスンの予約が満席ですので(><)

数名でご受講いただける、美姿勢セミナーを開催予定です!

 

詳細は追ってアップいたしますので、お楽しみに!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。