身体を緩めて美人を生み出す「からだ美調律コーチ」溝口葉子のヴィーナスの習慣

諦めなくていいみたい!

2016.09.30

1件

%e6%97%a5%e6%9b%9c%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%91

【諦めなくていいみたい!】

この言葉は、今日のレッスンで生徒さんがおっしゃった一言です☆

 

猫背、

下半身が太い、

身体が傾いている。

お尻が垂れてきた・・・・など。

 

身体に気になる箇所があって、

諦めかけていた方、

身体を緩めて整えることで、

諦めなくってもいいと気が付くかもしれませんよ!

 

今日はレッスンを通じて気が付いたことを紹介させていただきます。

 

今日いらっしゃった生徒さん、

身体が傾いているのがとても気になり、

ご本人も直そうとするのですが、なかなか直らなかったんです。

 

さらに、パンツの裾上げはいつも左右差1センチでお願いしている!ほど、

脚の長さが違うとお悩みをお持ちでした。

 

そして、以前は股関節周りがとっても硬くて、

足の裏どうしを付けて座ると膝がかなり上がるし、

骨盤後傾がひどく、後ろにひっくり返りそうになっていました。

 

が、、、、

 

なんと今日は、膝が開いているし、

骨盤があまり後ろに倒れなくなっていて、

かなり改善されていてビックリしました。

 

股関節を緩める動きをレッスンで習ったので、

毎日家で実践してくださっているとのことでした!

 

股関節はだいぶ開くようになってきたけれど、

脚の長さの左右差はまだ気になるということでチェックしてみたら、

骨盤のねじれがあり、かなり左右差がありました。

 

他にも気になる部分として、

全体的に身体は細いのに、

ポッコリ下っ腹と、

横に広がって張り出したお尻が気になるそうで、

 

でも、諦めているんです・・・とおっしゃっていました。

 

そこで

歩き方をチェックすると、

骨盤後傾で、上半身は連動しておらず、片手だけ振ってバランスをとり、

体重の分散・移動が出来ていないため、ひょこひょこ上下運動も加わっていました。

 

このように、骨盤が後傾して、猫背で歩くタイプの人は、

骨盤底筋が硬くなっているため、

骨盤が下に引っ張られて後傾し、

お尻も垂れていき、

腿には余計な力が入って太くなってしまいます。

 

試しに、骨盤を動かすストレッチをしてみてもらったら、

ほとんど動きませんでした。

 

この状態の人、けっこう多いと思います。

よくストレッチの本に、

骨盤を動かすストレッチが載っていますが、

皆さんできますか?

 

骨盤後傾

%e6%97%a5%e6%9b%9c%e7%94%bb%e5%83%8f2

骨盤前傾

%e6%97%a5%e6%9b%9c%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%91

ヨガでいうところの、猫のポーズです。

 

私の経験上、身体を緩める前は、

生徒さんのほとんどがきちんとはできませんでした。

(ちょっとは動きますよ)

 

ということは、

たぶん普通の方はほとんどの方がきちんとはできていないと思います。

 

雑誌やインターネットで、

「骨盤を動かしてストレッチしましょう」

と書いてあっても、

骨盤底筋が硬ければ、動きません・・・・。

 

だから、身体を緩めることが何よりも重要で、

「骨盤が動かせる身体になってから」

ストレッチをする、というのが

きちんと身体を動かせるようになる順番ですね。

 

この生徒さんは、

自分で骨盤底筋を緩める動きを教えても、

それすらなかなかできなかったので、

私が施術をさせいただきました。

 

また、骨盤底筋を緩めるだけでなく、

骨盤の左右差も直すように意識して施術しました。

この施術の説明はちょっとマニアックなので、ここでは省きますね。

知りたい方は、セミナーを開催できるようになった際にぜひお越しください(笑)

 

施術後は、

きちんと骨盤が動くようになり、

(ビフォア、アフターの写真を撮り損ねてしまったのが残念!)

 

歩いてみると、

骨盤が前傾し、肩は自然と開いて、

股関節も緩んで体重を分散して歩けるようになりました。

 

そうしたら・・・お尻の位置もアップ!

ポッコリお腹も少し気にならなくなってる?

 

もうこの年だし・・・と諦めていた生徒さん(推定60代です♡)

「身体を緩めるって、すごい効果ですね」

「きついエクササイズは何もしていないのに!」

「諦めなくてもいいみたいですっ」

と笑顔で帰っていかれました(^-^)

 

「ストレッチすらできない!」という、

身体が硬くて諦めていた方も、

まずは「緩める」ことから始めてみましょう☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。